1/3

WEATHER REPORT / DEFINITIVE CLEVELAND 1975(1CDR) 1975年ツアーからリマスターされたサウンドボード音源盤が登場しました。

¥2,500 tax included

*Earliest delivery date is 7/17(Wed) (may require more days depending on delivery address).

Shipping fee is not included. More information.

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥7,000 will be free.

This item can be shipped outside of Japan.

アルバム「テイル・スピニン」リリースに伴うワールド・ツアーから旧タイトルとは異なったよりクリアーでノイズレスとなる正にディフィニティブ・シリーズを冠するのに相応しいサウンドボード音源でリリースされました。20年以上前にリリースされた旧タイトル(アゴラ 1975)では、何回もダビングを重ね経年劣化の激しい音源が使用されておりリリースされた当時はその音質でも歓迎されましたが、現在2023年では聴き苦しい音質と感じる方も多いと思われます。今回、メガ・ディスクからリリースされたディフィニティブでは海外音源マニアがリマスター処理を施した素晴らしい音源を元ソースとなっていますので音像バランスの修正、ヒスノイズを極限まで軽減し迫力あるアッパー版に生まれ変わっています。アルフォンソ・ジョンソンにとっては最後のツアーとなり、またドラムスにはフランク・ザッパ・バンドから加入したチェスター・トンプソン。ザヴィヌルとショーターとが思考していた新しいジャズへのアプローチがここに実現しています。

1.Freezing Fire
2.Badia
3.The Man In The Green Shirt
4.Boogie Woogie Waltz / Directions

ライブ・アット・ザ・アゴラ、クリーブランド、オハイオ 08/22/1975

ジョー・ザヴィヌル(keyb, p)
ウェイン・ショーター(ts,ss)
アルフォンソ・ジョンソン(b)
チェスター・トンプソン(dr)
アリリオ・リマ(perc)

Add to Like via app
  • Reviews

    (16)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥2,500 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品